2019/6/14住之江競艇G1太閤賞【優勝戦予想】

お早うございます。

昨日の準優勝戦の予想…

オールハズレ

糞みたいな結果になってしまいました。

やはり僕の予想はウンコ以下です。

競艇は本当に当たりそうで当たりません。

ストレスのたまる結果になります。

僕たちは一体、何のためにギャンブルをやっているのでしょうか。

誰の為にお金を投げ捨ててしまうのでしょうか。

本当に何がしたいのか分からなくなってしまいます。

そもそも、こうして外れて負けて、イライラしてストレスを溜めて、直ぐネガティブになる僕は、ギャンブルに不向きなのかもしれません…。

今まで

「俺はギャンブル強いんや!」

「俺には博才がある!」

「博打が好きだ!」

と思っていましたが、どうやら夢物語のようです。

1回、2回、数回勝っただけで、「俺最強!」っていう気分になれる、それがギャンブル依存症の始まりです。

そもそも競艇はスポーツなのか?

それともキャンブルなのか?

公営ギャンブルとして認められているので、ギャンブルです。

スポーツならば、世界的に「KYOTEI」があっても何らおかしくありません。

しかし韓国の糞競艇を除けば、競艇は日本だけです。

まさに日本はカジノはないが、ギャンブル大国と言っても過言ではありません。

もちろんイギリス(欧州)やアメリカにもスポーツ賭博はあります。アメリカでは2018年に全州解禁されています。

しかしそれらスポーツ賭博(ブックメーカーなど)に、私たち日本から参加すると、違法となるのです。

どうもおかしいですよね。

まあ色々と考えてしまいましたが、僕は昨日の準優勝戦で全敗して頭がエガチャンなみにキチガイとなっています。どうぞお許しください。

では気を取り直して、住之江競艇のG1太閤賞、優勝戦予想をします。

答え⇒1-2-3!!!

なんてアホな事は言いません。

1桐生順平は逃げます。

ギャンブルに絶対はありませんが、絶対逃げます。

4田村隆信が本番で前付けにくる可能性はゼロではありませんが、さすがに優勝戦なのでないでしょう。

穴は3湯川浩司の捲り攻撃に期待します。

そもそも昨日、先輩の田中信一郎を2コースから直捲りにいって僕の予想を大きく覆されました。

あまりにもショックで吐きそうになりました。

僕のように予想を組み立てていた人は多かったはずです。

九州レーサーでは先輩を直で捲るなんて考えられません。差しなら許せます。(昔の話)

まさに忖度、パワハラの時代です。

義理人情を重んじる九州レーサーではありえません。

昨日は大阪の先輩を捲ったのに、今日関東レーサーを捲らなければ、大阪の恥です。

大穴を出すなら6野添貴裕の豪快な捲りをお見舞いしたいです。

話が長くなりました。

僕の買い目を言うよりも、僕の憎き魂が凝縮された記事になりました。

朝から疲れたのでまとめます。

1-3が本命

1-3-456

きたら吐くので

1-2-3

も保険で買っておきましょう。

大穴は

6-1-流し

5-1-流し

800円なので騙されたと思って買います。

134ボックスも買いたいです。

っていろいろ買っていくとどうせ1-2-6とか1-5とかきてボロ負けするのでよろしくお願いいたします。

ではまた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です