2019年競艇賞金王決定戦大穴予想

久しぶりの予想です。

2019年、住之江競艇にて賞金王決定戦。

グランプリ初のナイターらしいです。

初日の今日は、11レース・12レースがグランプリのファーストステージとなり、ここから勝ち上がった6名がファイナル進出となります。

ファイナルには賞金ランキング上位6名と合わさり、また決定戦枠6つを競うことになります。

ファーストで予選落ちした6名は、そのままシリーズ戦に進みます。

シリーズ戦も一応SG扱いですが、元々はG1でした。

では数レース絞って予想していきましょう。

シリーズ戦5レース予想

展望

1西村と3辻が売れるでしょう。しかし2濱野谷が穴と見ています。246は大穴です。

個人的には3辻を本命にしたいので、2=3を軸に穴予想をしていきます。

本命

1-23-2346

中穴

23-1-2346

大穴

2-356-1356

3-2-流し

シリーズ戦10レース予想

展望

地元大阪勢が234に構えます。これは本命は1-から234で良いです。

大穴は5桑原です。5-1は買います。

本命

1-234-234

中穴

1-5-流し

大穴

5-1-流し

5-234-234

グランプリトライアル11レース予想

展望

ここからが本番で、グランプリのファーストステージです。1つでも先へ、得点を稼ぎます。難しい予想でしょう。個人的には2馬場を買わず、3徳増を軸に考えます。4菊地は名前で売れますが、やはり穴は5今垣です。6平本の1-6も穴です。

本命

1-3-456

中穴

3-1-456

1-456-456

大穴

5-13-1345

3-5-流し

グランプリトライアル12レース予想

展望

まずは本サイトの展望を引用します。

柳沢が主役。「伸びはいいが、ピット離れが悪い」と不安要素を残している。しかし、ここは戦える状態に仕上げ、絶好枠を活かすとみた。対抗は田村。10月からG1を3V果たしていて、近況のリズムは絶好調。センター水域から強気のまくりで挑む構え。このシリーズからSGへ復帰の白井。「いい方向でいつもと乗り味が違っていた」と笑顔を見せていた。2コースから的確な差しハンドルで順走狙い。太田は手堅い捌きから道中勝負を目論む。

そら当然1号艇は主役です。1234しか触れられていません。5号艇の池田浩二は穴を出します。

2白井を軸に2=5で穴をねらいます。

本命

1-235-235

中穴

2-135-135

大穴

5-123-135

以上でSGグランプリの初日予想を終わります。健闘を祈ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です